aga チェック

agaのチェック方法

aga(男性型脱毛症)とは生活習慣や栄養状態とは関係なく薄毛が進行するという男性特有の病気です。正しく理解し、根気よく治療を行えばある程度改善可能な病気であるため、まずは自分の症状が病気によるものなのか、それ以外の要因によるものかを判断する必要があります。
しかしながら、いきなり医療機関等に相談に行くのは気がひけるという方も多いことでしょう。もちろんきちんと医療機関等でチェックと受けることは必要ですが、幸いなことにagaには特徴的な症状が見られるため、まずは簡単な自己検査である程度調べることが可能です。
例えば以下のような項目に多く当てはまる方は発病している可能性が高いといえます。

 

・生え際や頭頂部などの部分的な薄毛が目立ち始めた。
・髪が伸びず、短く切れる髪が増えた。
・額が広がってきた。
・抜け毛が多くなった。
・特定の時期から抜け毛が増え始めた。
・年齢の割に毛量が少ない。
・近い親族に薄毛の人がいる。
・育毛薬等使用しても効果が見られない。

 

このような症状は過剰なストレスや食生活の変化など生活習慣の変化によってもあらわれる症状なので、生活には特に変化がないのにも関わらずこれらの薄毛の症状が出始めた方が発病している可能性が高い方といえます。
もし、こうした症状による判断がつきにくいという方は病院または自宅で専用のキットを使用して遺伝子検査を行うか、もしくは病院やaga専門外来で診察による検査を受けることで判断をすることができます。ただし、自宅で専用のキットを使用する場合は自分が発病しやすい体質なのかどうかがわかるのみで、実際に発病しているかどうかまでは確認ができないので、最終的な判断は医療機関で行う必要があります。