aga 大豆イソフラボン

aga予防・改善には大豆イソフラボンが効果的

大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た成分であると言われています。この大豆イソフラボンにはagaの予防や改善に効果があると言われています。
agaは男性ホルモンが影響している男性型脱毛症の事を指しますが、男性ホルモンが過剰に分泌されると薄毛が進行すると言われています。女性ホルモンが増えることにより、男性ホルモンの分泌量を抑えることが出来るため、男性型脱毛症の改善が見られるようです。

 

さらに、大豆に含まれるリノール酸には、コレステロールを抑えるとともに、血行を良くするという効果も期待することが出来ます。薄毛の原因の一つに頭皮の血行が悪いということが挙げられますが、大豆を摂取することにより全身の血行を良くすることができるので、当然の事ながら頭皮の血行を良くすることにも繋がります。

 

agaを予防することを目的としている場合には、大豆イソフラボンの一日あたりの摂取量の目安としては50?70mgと言われています。50mgを摂取するという場合、納豆であれば1パック、豆腐であれば半丁を目安とすることが出来ます。一度にたくさん摂取するよりも、継続して摂取するということが大切ですので、様々な食品から摂取するようにすると良いでしょう。男性の場合は、過剰に摂取をしたからといって重大な副作用が生じるという可能性は低いと言われていますが、継続的に大量に摂取した場合には、何らかの異変がある可能性がありますので、特にサプリメントなどを使用した場合には過剰摂取とならないように注意したほうが良いでしょう。
なお、育毛剤や発毛剤などと併用することにより、より高い薄毛改善効果を期待することが出来るでしょう。