aga 治療効果

agaの治療効果について

aga治療を行うには一般の病院としては、皮膚科系クリニック、内科系クリニックがあります。一般の皮膚科系や内科系のクリニックでは、初回にプロペシアという飲み薬が約1ヶ月処方され、副作用がなければ再診時に3ヶ月処方されます。aga治療はプロペシアという治療薬の服用が一般的ですが、専門クリニックの治療では、プロペシア以外に頭皮への塗り薬ミノキシジルとの併用、育毛シャンプー、育毛サプリメント、頭皮マッサージ、生活改善の指導などによって治療効果を上げる事を目指しています。一部のクリニックでは植毛も行っています。プロペシアはフィナステリドという成分を主成分とし、原因となる男性ホルモンの生成を抑制する事で、脱毛や抜け毛を防ぐ効果があります。フィナステリドという成分はアメリカ食品医薬品局に許可されており、日本でも厚生労働省に承認されて現在に至っています。一般の病院での治療は大半がこのプロペシアという治療薬によるもので、臨床試験でも9割以上の服用者に効果が見られています。

 

但し、このフィナステリドという成分には副作用もあるので注意が必要です。服用した人の内の約5パーセントの人に、胃部不快感、性欲減退、稀に勃起不全や精子減少などの症状が見られたというデータがあります。5パーセントですので、それほど神経質に心配する必要はないですが、肝機能に不安のある人が個人的に輸入業者などから入手する場合は注意が必要です。プロペシアによる治療は生涯治療です。半年の服用で効果を実感する人が多いと言われていますが、服用をやめるとagaは再び進行します。その為、現状を維持あるいは更に治療効果を実感したいのであれば飲み続ける必要があります。